« 06年前半について。 | トップページ | エネルギー。 »

2006/01/12

5時間の壁。

天草142kmを5H以内で走るとなると、平均速度:29㌔でギリギリ。もちろん休憩も昼食も自転車を降りて食っている時間はない。アベ29㌔で走るとなると相当なエネルギー消費になるので補給は大切になる。自転車に乗りながらスムーズに食べれる補給食選びと食べやすい工夫が必要だ。
多少は休憩を入れるつもりだが、練習では150kmを休憩無しノンストップで走れるようにしておく必要があるかも知れない。
こう書いてみると、5時間の壁がいかに難しいか切実に分かってしまう。自信はないがチャレンジしないと何も始まらない。練習あるのみ。

あと大切なのが事故、怪我に対する集中力。せっかくのサイクリング大会なので事故や怪我をしてしまってはならない。
5時間以内を目指す前に、まず安全走行が第一番である。無理はしない、撤退も勇気である。自転車関連のブログ

|

« 06年前半について。 | トップページ | エネルギー。 »

コメント

ふっふっふっ。
ボクは6時間ジャストの完走を目指します。アベ25km/hで行くと20分の休憩が出来ることになります。ボチボチ行きます。

投稿: チッポ | 2006/01/12 13:32

え゛ー!だ・め・で・す・よ!!
カレラのおじさん指令が発令されています。
チッポさんも一緒に撃沈しましょーよー♪

投稿: さんぺい | 2006/01/12 20:16

魂の走り!気力と根性!気合だ~っ!・・ってそれじゃアニマル浜口ですよね~
でも大会のイイ所は普段の実力以上に走れたりしますよね~良いのか悪いのかビミョーですけど(-_-;)
去年SBTさんに後半くっついて行って感じた事・・・一番大切なのは回復力!かな?
売り切れても暫くするの回復する事がとても大切な気がしました~
さんぺいさんは200Km走っているから大丈夫でしょ?
前半40位で飛ばせば30平均いくでしょ?
あはは~♪

投稿: Lemond585L | 2006/01/12 20:59

やっぱり最後は気合を入れて、1漕ぎ入魂に尽きますね。グリコーゲン切れは根性エネルギーで補うしかありません。
200kmの時は声を掛け合って集団走行できたので良かったのですが、大会だとそうもいかないので、前の人に食らい付いて行くしかないです。
確かに前半の50kmぐらいまでAve40キロが可能だと、後半タレても30の可能性ありますね。
なるほど・・・

投稿: さんぺい | 2006/01/12 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 06年前半について。 | トップページ | エネルギー。 »