« ちょこっとLSD。 | トップページ | 冬メンテ。 »

2005/12/19

コスミックカーボン。

ここに書いてあることは素人が勝手に作業をして、その記録を載せているだけですので、マネをすると重大な事故や製品寿命を著しく低下させる恐れがあります。作業をされる方は自己責任において行って下さい。当方は一切の責任を負いません。

午前中に時間がありましたので、マビックのコスミック カーボンをいじってみました。
今回は私が持っているコスミック カーボンのフリーはシマノ用なので、フリーをcamp用に交換してみたいと思います。Netで色々調べましたが詳しく説明したページはありませんでしたので、交換方法を記録として残しておきます。

Mavicのホイールはフリーボディーを交換することで簡単にシマノ⇔カンパに変更できます。
COSMIC Carboneやキシリウムをお持ちの方は、シマノコンポーネントからカンパに切り替えてもフリーボディさえ入手すれば、ホイールを買い換えなくても そのまま使用できます。別の方法としてMAVICのカセットを使用してもシマノ/カンパ両方使えます。これはマヴィックの良いところでもあり、構造に不満を持たれている方のもっとも嫌うところでもあります。

V9020256 V9020257
さて、始めにMAVICの完組みホイールに付属しているカニ目スパナで反フリー側の玉押し調整キャップを外します。回り止めにハブシャフトの軸端に六角穴が開いてますので六角レンチを突っ込んでください。右はキャップが外れたところです。

V9020258 V9020260
次にハブシャフトの両側の軸端にレンチを突っ込み、シャフトを分割します。かなり固く締まってますので、パワーが必要です。決して六角を舐めないように・・・。シャフトが無事緩めば、終わったも同然です。シャフトを抜いたところ。こんな感じでシャフトが2分割になります。

V9020261 V9020262
内部のラチェットとバネが飛び出してきますので注意しつつ、フリーボディをゆっくり抜きます。飛び出しても元に戻せば良いのであまりビビる必要はありません。手前にスペーサも入ってますのでそれも忘れずに取り出します。
フリーを抜いたところ。摩擦で結構 表面処理が剥げてますね(>_<)・・・。(ラチェットとバネが見えてます)

V9020263 V9020264 V9020265
これ以上磨耗が進行しないよう気持ち程度ですが この部分のみグリスを使用しました。ラチェット部分には粘度の低いグリスかオイルを使用します。普通のグリスを使用するとチェーンがたるみやすくなります。取外したスペーサも忘れず元に戻します。
カンパ用のフリーボディを取り付けます。ラチェットの爪を手で押しながら入れると簡単に入ります。

シャフトと玉当たり調整キャップを逆の手順で元に戻して終了です。カンパの場合ロックリングも忘れず付けておきます。
ハブのガタを取る玉当たりキャップの調整ですが、私の場合はフレームにホイールをセットしてクイックレバーを締付けたあと、付属のカニ目スパナでガタがないところまで締め付けて、そこから気持ちだけちょっと緩める感じで調整しています。

今回の作業は割りと簡単でした。

自転車関連のブログ

|

« ちょこっとLSD。 | トップページ | 冬メンテ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょこっとLSD。 | トップページ | 冬メンテ。 »