« チャレンジ200。 | トップページ | 音鳴りと対峙する。 »

2005/10/03

サドル高(考)。

携帯から投稿してます。清書は後ほど…(またかよ!笑)。

先週末、グルメ隊の皆さんと荒尾にオムライスを食べに行った帰りに金峰山を登ったのですが、登りだとどうしてもサドルの縁まで腰を引いて登る癖があり、その場合、ヘダルからの距離が必然的に長くなるので下肢点で足が伸びきり、力が入りません。
昨日シートポストを限界まで下げましたが、たぶんまだ遠いと思います。後はクリートを少し前にずらすぐらいしか方法しかないため、それでもダメな時は、いよいよシートポストを交換するしかないです。(:_;)

エルゴポストを気に入ってるだけに悲しい…。

それと、今使ってるFSAのコンパクトクランクですが、カンパのノーマルクランクに戻そうと思ってます。ギヤ比は重くなりますが、その分 たくさん練習をして重くても回せるようになりたいものです!

ただ、手持ち在庫のカンパBBはITAしかなくて、残念なことにLOOKのBBはJISなので、何とかJISのカンパBBを入手する必要があります。
誰かお安く譲ってくれる方がいたらよろしくお願いします。m(_ _)m

オークションでもカンパのJIS BBはなかなか出てこないので当分先のことになりそうですが。

そうそう、荒尾のオムライス屋の直前にパンクしたのですが、信じられないような釘を踏んでました!ただしそれだけでは終わらず、家に帰ってリアブレーキのチェックをしていたら、なんとフレームに釘で引っ掻いたキズが10cmも入ってました…。(>_<)
目立たないから良しとしとこう!


自転車関連のブログ

|

« チャレンジ200。 | トップページ | 音鳴りと対峙する。 »

コメント

ポジション出しって難しいですよね。私もブレーキレバーの遠さにITM→3TTTに変えるかどうか思案中、でもITMもったいないしなあ。そうそう、Dura落札おめでとうございます。スペシャのチッポ仕様の完成を楽しみにしています。

投稿: 脳外科医 | 2005/10/03 17:22

その悪癖わかります・・・
実はその癖に悩んでました~最近は何とか改善しつつあります~まぁ~雑誌の受け売りになりますけど・・・色々とポジションをいじるより脚全体の筋肉を上手く使うのに自分なりのベストポジションを探したホーがイイのかなぁ~と・・・つまり足首の角度に注力し(足首下げない)大腿筋を使いすぎないようにする~ソーなると上体の角度、背中の丸み?骨盤の角度って感じで気になってきますよ~お試しを~♪

投稿: Lemond585 | 2005/10/03 18:42

Lemond585さんの「脚全体の筋肉を上手く使うのに自分なりのベストポジションを探したホーがイイのかなぁ~と・・・」同感です!
箱石のアップダウンで、足が簡単に終った反省で、ヒルクライムのダンシングでは裏側の筋肉(ハムストリングス)を意識して使うようにしたところ、随分と乳酸が溜まりにくくなった様な気がします。
裏側の筋肉は瞬発力はないけど持久力はあるそうですヨ。

エルゴポスト、オークションに出すときは教えて下さい!ちょっと興味アリです。

投稿: GON | 2005/10/03 23:13

■脳外科医さん
>DURA
ばれてる・・・(汗)。
3tの白色ステムがなかなか出てこないので組むのは当分先になりそうです。しかし、もう置き場所がないので、1台処分予定です・・・。
3tのハンドル良いですよ!エルゴの握り難さが多少緩和されます!

■Lemond585さん
登りの時はどの位置に座っておられますか?
もしかして、平地も登りも同じ位置なのでしょうか?それだと私のサドルの使い方は完全に間違ってます。
私の場合、登りはボート漕ぎみたいに足を前に蹴り出すようにしてたので、お尻を後ろに引いて乗ってました。中央に座って足全体を使うとすぐに売り切れてしまうからです・・・。
今度、登りの時に是非 横からチェックして下さい!!

■GONさん
>エルゴポスト
私のポストは露出部 2割、シートの8割がチューブの中に入ってますので、直線部分はキズだらけです・・・。足の長いGONさんが使用されるとキズが丸見えになりますよ~!
>裏側の筋肉
意識はしていても難しいです~。手放し運転をするとハムストリングの動きが分かりやすいと、先日教えて頂いたので、それから少しづつ練習しています。私の場合、筋肉もそうですが、心肺機能も直ぐに売切れているので、たちが悪い・・・(涙)。

投稿: さんぺい | 2005/10/04 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68717/6230645

この記事へのトラックバック一覧です: サドル高(考)。:

« チャレンジ200。 | トップページ | 音鳴りと対峙する。 »