« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004/09/21

2004/09/20:彼岸花。

そう、別名:マンジュシャゲ。
熊本では、彼岸花があちこちに咲いています。
彼岸花には お墓がよく似合います。

先日、私の住んでいる鹿本町の北側に位置する、菊鹿町に行ってきました。ここ菊鹿町は周囲を山に囲まれていて、矢谷渓谷やキャンプ場があり、自然がたくさんあり心が癒されます。

菊鹿町にある、棚田(段々畑)に彼岸花が咲き誇っているというので、これはチャンス!とばかりにデジカメを持って、彼岸花を見に行ってきました。

そこはまるで昭和50年代にタイムスリップしたかのような光景でした。

彼岸花の茎の汁に触れると、手が痒くなると子供の頃に教えられたので絶対に触れないように細心の注意をはらい、ひと時の昭和の光景を楽しんできました。

写真は手前ボケで撮ってみましたが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/16

2004/09/15:デジタルカメラ(続)。

昨日に引続き『RICOH Caplio GX』について少々。

Caplio GXに用意されているコンバージョンレンズを使用すると、驚異の超広角22mmで撮影できるのです。

この22mm広角コンバージョンレンズを使用する場合、本体のレンズ部分にアタッチメントの筒を取付けなくてはならないのですが、普通 アタッチメントを付けたりすると不細工な感じになるのですが、コレがなかなかどうしてスタイリッシュなのです。

22mm広角で使用したいときは、先端にワイドレンズを装着。
普通に28-84mmで使用するときは、先端にプロテクタを装着。
望遠を伸ばしたいときは1.5倍(146mm)のテレレンズを装着。

一眼レフでレンズを付け替える手間よりも簡単・コンパクトに色んな画角を楽しめるので便利ですね。


今日もちょっとマニアック?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

2004/09/14:デジタルカメラ。

ここ2週間ぐらい、咳が出て頭痛もひどい。あんまり長引いているので本日は病院に行きました。抗生物質を処方されたので週末には全快したいところです。調子悪い時はさっさと病院に行って診てもらうのが一番ですね。

今日は家に帰ってから、最近ハマっているペペロンチーノを作って美味しく食し、そして本日もらったお薬を飲み、テーブルの上をひと通り片付けて、いれたての熱いコーヒをグィとひと口飲み、昨日購入したデジカメの箱をおもむろに開けたのでした。

購入したデジカメは先日の日記に書いていた『RICOH Caplio GX』です。

購入のポイントは・・・
1.光学3倍ズームでありながら、28~85mmと広角側がワイド。
2.絞り優先/マニュアル露光が出来る。
3.圧倒的なコンパクトな本体。
4.オプションのコンバージョンレンズで広角22mmが可能。
5.無限遠(∞)がフォーカスが出来る。
6.今風のデジカメにない、ちょっと大人のデザイン。

定価は7.3万円もするのですが、近所の電気屋で聞いたら 3.9万で販売可能と言うので即行で買いに行きました。
(DiMAGE7が3万円で売れたので金額的には全然OK!)
そして、すぐに バッテリーパック+ワイドコンバージョンレンズを追加で注文してしまいました。


コーヒを飲みながら、あれこれと設定をいじくり回し、値段と本体サイズのわりに色々と出来るようなので、思わず一人でほくそ笑んでしまいました。
明日の日記はワイドコンバージョンレンズについて書きたいと思います。

ちなみに自転車に乗っている時も、たまに ほくそ笑んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/06

2004/09/05:振れ取り。

今日、友達と近場をぶらっとポタリングしようと思ったのですが、2kmも進まないうちに友達が『後のタイヤが変・・』と言うので友達の自転車を見ると後輪がフニャフニャしており、ホイールが1cm程大きく振れていました。残念ながらニップル回しを持っていなかったので、自宅に引き返し、30分ばかりかかって何とか乗れる程度の振れに収めまして、さぁ気を取りなおしてレッツGO!と思いきや、雨がポタ・・・ポタ・・・。今日も自転車には乗れませんでした・・・。

気を取り直して自宅で自転車のメンテでもやろうと、気持ちを切替えまして。デローザのホイルをバラしているので、ついでに振れ取りもやっておこうと思い、振れ取り台にホールをセットし、わずかに振れた0.5mmのスキ間と1時間の格闘の末、元よりももっとひどい振れになってしまい泣く泣く諦めました・・・。自転車のメンテナンスで唯一 振れ取りだけはいまだに出来ません...。難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/05

2004/09/04:デジカメ。

今、持っているデジカメは携帯も含めると3つ。

①気合入魂カメラ:ミノルタDiMAGE7(520万画素)
②自転車カメラ:カシオEXILIM(100万画素)
③携帯のカメラ:シャープV401(100万画素)

今の手持ちのカメラでは 次に述べる用途に適したのが無いのです・・・。
・お手軽に持ち運びたい。
・旅の記念としていい画像で残したい。
・この感動を○○にも伝えたい。
・すっと、ポケットから取出してスナップしたい。
・ボケ味も楽しみたい。

で、①を売却して『こいつ』を購入しようと画策中です。
他に良いのないのかな?(キャノンのIXYで絞り優先とかできたら良いのにな・・・)

デジカメ選びって難しいよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/03

2004/09/02:下準備。

ただ今、自転車の大改造を計画しています。
概要を少し説明すると・・・
・デローザを昔風のWレバーにしようと思います。

今日はその前の準備として、新品のチェーンの掃除をしました。

皆さんは新しいチェーンを取付ける時、掃除しています?
新品のチェーンには『防錆油』がベッチョリ付着しています。この防錆油は錆びを防止するためだけの油なので、綺麗に落してから自転車に取付けることをお薦めします。そのまま付けるとネチョネチョしているので、すぐに砂やホコリでチェーンが真っ黒になり、クリーナで汚れを落そうにも なかなか強烈で落ちにくいです。わたし的にはネチョネチョのチェーンは最初の1回以外 触れたくもないです。
この状態だとチェーン外れの時とかは、モー最悪ですね!手で触りたくないのにどうするの?と疑問が生まれますが、そう、葉っぱを使ってチェーンを元に戻さなくてはいけません。

前置きが長くなりましたが、私の場合は まずペットボトルに灯油とチェーンを入れて、10分程度シャカシャカ振ります。(気が長い人は一晩漬け込むと良いでしょう) 充分に綺麗になったようなら、ペットボトルからチェーンを取出します。(ハサミで大きい穴を開けると取出しやすいです)汚れた灯油は捨てずにトレイ等に移してスプロケットやプーリなどを洗うと汚れが簡単に落ちてとても便利です。

さて、灯油で洗ったチェーンですが、そのまま取付けるのではなく、さらにキッチン用洗剤でまんべんなく洗いましょう(2回ぐらい)。その後、タオルで拭いて完全に水を切ってチェーンが乾燥したら、今度はパーツクリーナ(ブレーキクリーナ等)を使って余分な油分を徹底的に脱脂します。徹底的が味噌です。
と、ここまでが下準備。(ふーぅ・・・)

で、この次の工程は チェーンのひとコマひとコマに丁寧に『こいつ』を注していくのです。ベロっと付けてはいけません、薄く塗るのがコツです。これでやっと完成。

ここまで入念に下準備をすると、いつでもピカピカ、いくら乗っても汚れない、手で触っても全然平気な素晴らしいチェーンに生まれ変わるのです!
(ずぼらな性格なので最初に苦労しても後々楽な方が良いのです)


ちっとマニアックだったかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/02

2004/09/01:渇!

こんばんは・・・
世間は『大変だ、もう秋だ!大変だ!ぐぁ~』と騒いでいますね。

私も負けじと、騒いでみました・・・『どすん・どすん、ばたん。』

さて、最近自転車に乗っていません、どのくらい自転車に乗っていないのかといいますと、ドイツで最後の週末にドレスデンの湖にサイクリングに行ったきり、乗ってません。(分かりにくい?) 約1ヶ月です。


まーしかし、本日からモード切替えのスイッチを『ON』側に入れましたよ。
ご期待あれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »