« 2004年4月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/05/28

2004/05/27:激務。

今日、いつものように自転車関連のホームページを見ていたら、ランス・アーム・ストロングの素敵なイメージビデオがありました!
ナイキのHPで完全版を見れますよ。(↓をクリックすると始まります。)

NIKE ホームページ

ランス・アーム・ストロングは1999年から2003年までの5年間、ツール・ド・フランスを制しました。今年も勝てば前人未到の6連覇となります。現在こそ、アメリカの国民的ヒーロですが、つい数年前(1996年)には、ガンの宣告を受け、生存率15%以下と言われるガンと戦い、強靭な精神力でガンを克服しました。更に驚くことに手術後1年で奇跡のカムバックをし、1999、2000、2001、2002、2003年とツール・ド・フランスを制したのです。

ビデオの内容は見て頂くと説明は要らないと思いますが、ランスが自転車の練習をしている設定で、鳥やバッファローと共に走り、子供達が入院する病院の前を通りながら、励ましのガッツポーズをして、ニューヨークみたいな町を疾走していく。最後のシーンで、子供がランスを追いかけるところで『Just do it。』

そしてこちらを振り返る・・・

『行動あるのみ』的な意味だと思いますが、ランスから我々に対してのメッセ-ジが込められてる気がします。

『やってみなよ!きっとできる。さぁ行こう!』


きっと彼の良さがわかってもらえると思うので、是非・是非、見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/24

2004/05/23:休日出勤。

最近、あまりにも仕事を溜めているので、今日は休日出勤しました。昨日、地蔵峠に登ってきたとこなので 今日は自転車に乗るのはやめようかとも思いましたが、外に出ると5月晴れのいい天気なので、やっぱり自転車に乗らずにはいられませんでした!

んーぅ最高~。やっぱsaikoー。

いつもと違う最短コースでしたが、デローザに新しく付けたサドル(コンコールライト)の具合も確認できたので充実した日になりました。
(仕事も片付いて・・・)

そして、もうひとつ・・・、低反発ウレタン枕を購入してしまいました!(ガヒヒッ)

走行時間:45分
走行距離:18.56km
平均速度:24.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/23

2004/05/22:エンジン始動。

今年 初めて地蔵峠の頂上まで登ってきました。今日は曇りだったので、結構 楽に登れましたね。
大会当日も曇りだったらいいのになぁ・・・。

走りが楽だったもう1つの要因がありまして、途中 サイクリング中のグループに出会いました。そこで、ひとりの人から「もしかしてホームページもってませんか?」と聞かれたのです!
「え?(・・;) ええ、、恥ずかしながら持ってます・・・」と答えました。いや~、恥ずかしかったですね...。マジで恥ずかしくて死にそうでした・・・
署名で作ってるHPなので、結構いい加減なことや、偉そうなことを書いておりますので、これからは もう少しちゃんとしたこと書かなきゃと反省ました。

ちなみに今日お会いしたグループの皆さんのHPは
こちら
熊本の美味しいお店を自転車で食べに行く『サイクリング・グルメ』が必見です!

皆さん、とても良い人達で別れる際には『帰り道も気を付けて!』と声を掛けて頂き、大変 嬉しかったですよー。

そして、夕方から 友人が自転車に乗りたいと言いますもので、デローザで いつものサイクリングコースに行ってきました。

今日は自転車三昧の一日でしたねー。

<午前の部>
走行時間・・・1:58分
走行距離・・・42.3km
平均速度・・・21.5km/h
最高速度・・・61.9km/h

<午後の部>
走行時間・・・2:02分
走行距離・・・28.41km
平均速度・・・13.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/19

2004/05/19:やっと完成。

うちのHPのメインコンテンツと言っても過言ではない、サドル特集ですが、やっと全部の画像を掲載する事ができました。

並べて見ると、中々圧巻でございますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/17

2004/05/16:チャレンジ阿蘇の結果。

熊本県地方は本日、大雨注意報が出ており、一日中 大雨ということで、チャレンジ阿蘇には参加しませんでした。
ひ、非~常に残念です。天気には勝てませんね・・・。

次の大会はいよいよ・・・、地獄の『阿蘇望』です。

れ、練習しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/14

2004/05/13:チャレンジ阿蘇。

今週末の16日は『チャレンジ阿蘇』があります。阿蘇カルデラの外輪山を一周するイベントなのですが、今回は外輪山一周コースには参加せず、ファミリーコースに参加します。一緒に参加する会社の人がファミリーコースなので、私も付き合う事にしました。ですが、ファミリーコースは 30kmと距離が短いので、自宅から会場までの30kmを自走して行こうと思います。30+30+30=90kmでちょうど良い。

でもですね、天気予報では 日曜日、雨なんです・・・

雨だと自走はやですね...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/10

2004/05/09:破損。

昨日、自転車のサドルの高さを現状より2mmだけ低くしました。ペダリングの時に、若干 太ももの裏に違和感があるからです。
この前、クランクの長さを165mm→170mmに変更したのですが、長さの差分の5mmだけを下げたのですが、単純に長さ分では駄目だったようです。
でも、シートクランプの固定ネジを締めていた時、締めすぎてネジを潰してしまいました(涙)。
コレ幸いではないですが、さっそくカンパニョロのシートクランプを注文してしまいました(ひひ)。


今日はロードレーサの良さについて少々述べてみたいと思います。

もし、住んでいるところから少し足を伸ばせば、自転車に適した田舎道にいけるのであれば、自転車 選びはロードレーサが良いと思います。

普段の街乗りや通勤に別の自転車があって『週末用のもう一台の自転車はどれにしようか?』と悩んでいる人には、絶対 ロードレーサをお薦めします。
理由は、圧倒的に走りが『楽』だからです。
『ロードレーサ=速い&レース』ではありません。

ツールを代表とする自転車競技は、毎日毎日250kmぐらい自転車に乗ります。如何に疲れにくいか、楽に250km走れるか、明日に疲労を残さないか、が勝負に影響するのです。
だから自転車100年の歴史が創りあげた現在のロードレーサは『究極の楽な乗り物』なのです。MTBやクロスバイクで味わえない『楽な走り』がロードレーサにはあります。

駐車やストップ&ゴーが多い、都会の街中に合う乗り物とは思いませんが、田舎道を爽快に走れる乗り物だと思います。

ロードレーサは『速度狂』とか『あまりにも本気っぽい』とか『運転に神経使いそう』とか マイナスイメージもあると思いますが、それは都会での話しであって、都会から飛び出し、四季の移り変わりや 自分と自然の一体感を感じて颯爽に走る時には まったく当てはまりません。

ロードレーサの独自のフレーム(重心位置)やタイヤ、ハンドルが生み出す爽快な走りは、MTBでは決して得られない、自然との一体感、至極の喜びを感じさせてくれます。

ロードレーサは、初心者でも100kmを超えるロングライドを気軽に体験でき、かつ楽に乗れるノリモノなのです。

わたし的には『都会を飛び出すための道具。』それがロードレーサなのです。
是非、ロードレーサの喜びを一人でも多くの皆さんに感じて頂きたいと、私は思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/06

2004/05/05:ラスト日。

今日でGWは終了しました。楽しい時はあっと言う間ですね・・・。

昨日まで熊本は雨・雨・雨の天気でしたが、本日は五月の暖かさがイイ感じの快晴でした。今日は朝から自転車!と決めていたのですが、昨日 美味い焼酎の飲みすぎで、自分の家に帰ってきたのは なんと昼過ぎでした・・・。

でもGWラストを締めくくるべく、短い時間でしたが ちゃんと自転車に乗ってきましたよー。ひさしぶりのイイ天気なので、ついつい飛ばしてしまい筋肉痛です。

走行時間・・・1:39分
走行距離・・・42.4km
平均速度・・・25.7km/h
最高速度・・・47.4km/h
平均回転数・・・84rpm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/04

2004/05/03:雨。

基本的に雨は嫌いじゃないです。
でも、今日も明日も自転車に乗れません・・・。それだけが嫌ですね・・・。

雨は結構好きな方かも知れません。

小学生の頃、私が通う小学校は まだ校舎が木造で出来ていました。
2年生の夏、その日は昼過ぎから雨が降り出しました。学校が終わる頃になると、雨は滝のような大雨になり、雷が鳴り響き、ひどい大嵐になりました。生徒は次々に親が迎えに来て帰りましたが、私と3人のクラスメイトは いまだ迎えが来なかったので、教室でおとなしく親の迎えを待っていました。

教室の中は薄暗く、ときより爆音をたてる稲妻の青白い光に教室が照らされてました。
外は滝のような大雨ですが、教室の中は逆に静まりかえっており、窓のガラスを叩く激しい雨と稲光、そのガラス越しに見る 雨に歪んだ校庭の景色が妙に美しく、教室の中はどこか物悲しいような静寂の中に包まていました。

少年でしたが、恐ろしいほどに轟々降る大雨と、地響きの如く轟音をたてる雷に対し、恐怖とは少し違う、神秘的な おののきを感じました。
霊験あらかさを体験したような感覚でした。

それは『わたしは何なのか?』という永遠の問を 初めて考えた、スタートのときだった気がします。


へへへ。(←嘘つき)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/05/02

2004/05/02:久しぶりのヒルクライム。

今日は何ヶ月ぶりか分からないぐらい久しぶりにヒルクライムにいって来ました。と言っても、全然ダメダメ君でヘロヘロになりながら いつもの展望台まで登ってきましたよ。天気が暑くなかったので助かりましたが、ピカン晴れだと相当やばかったと思います。明日も雨が降らなければ朝からヒルクライムに行ってきたいと思います。

走行時間:58:39.0
走行距離:17.4km
平均速度:16.9km/h
最高速度:72.4km/h
標高差:436m(5.1%)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年7月 »